特急納品の試作品を高い精度で製造します。差し迫った超短納期の製品は迅速に対応できる試作のプロ【日新産業株式会社】へお任せください。私たちは幅広い技術で日本の技術開発を支え続けます。

文字が浮き出る看板

ブレーキプレス加工機を使い、NISSINのロゴを目立たせたプレートづくりに挑戦しました。ステンレス板を曲げて、どのように文字をつくっていくかが、この加工の一番のポイントです。また、平板と曲げ部品の結合に気を配りました。さて、うまくどのようなプレートができるのでしょうか。

製作DATA

  • 使用技術/板金加工
  • 素材/SUS t0.5
  • 加工日数/約1日(加工のみ)
  • 使用設備/小型レーザーマシン、ブレーキプレス、電気溶接機

工程

1.
CAD-CAM(2D)でモデリングデータを作成します。文字によって長さの長短を測り、正確に設計することがポイントです。
2.
CADデータをもとに小型レーザーマシンでステンレス板を加工し、長方形の板をつくります。
3.
薄板をブレーキプレスで曲げていきます。「N」なら1枚の板を8回曲げて、外側と内側の板を張り合わせて溶接します。

ここが技ありポイント!

精密に曲げ加工をしないと平板と、しっかり結合しないので、特に慎重に曲げていきました。また、ステンレスは板厚0.5mmと薄いので、高い溶接技術が必要です。穴が開かないようにTIG溶接で慎重に作業していきました。

4.
すべての文字が完成しました!
5.
平板にはレーザーマシンでNISSINの形に穴をあけます。そこに先ほどつくったNISSINのパーツをはめ込んで溶接します。

使用設備

ブレーキプレス(アマダ)RG-35

※参考動画はこちら

私がつくりました

製造部/片山、宇野

「ブレーキプレスで慎重に作業していきました。また、ステンレス板厚0.5mmの溶接仕上げは、特に慎重に作業しました」