特急納品の試作品を高い精度で製造します。差し迫った超短納期の製品は迅速に対応できる試作のプロ【日新産業株式会社】へお任せください。私たちは幅広い技術で日本の技術開発を支え続けます。

日新の一貫製作!!

どうもHI-HIです

 

本日で平成最後の営業日となってしまいました。

昭和と平成という2つの時代を駆け抜けてきた日新産業!!

私は平成後期に我が社に入社させてもらい

これから令和時代を駆け抜けていくであろう

日新の一員として1馬力以上はパワーを出せるように

入社以来最長のゴールデンウィークを過ごしたいと思います。

 

では話をコロッと変えますが

先の投稿でも営業のりんりんさんが言ってましたが

 

短納期!!

 

そしてオールマイティ!!

やはり一番は短納期ですね。

 

その短納期を実現出来ている1つとして

『専任担当の一貫生産』

これがあげられると思います。

 

超短納期への対応や、各部門で分業制も多少ありますが

基本的には1人で図面の1から10までをこなすのが

日新の一貫製作!!

メリット・デメリットともにありますが

 

板金部門でいうと

朝図面をもらい

CAD操作(展開)⇒レーザー加工orパンチ加工⇒バリ取り⇒(バーリング、タップ、ダボなど)⇒ブレーキ(曲げ)⇒検査

この一連の流れを1人で出来る事で始めてスタートラインに立てたなという感じです。

 

徐々に成長してくると・・・

簡易金型の製作(積層型など)、旋盤で金型の製作、フライス&マシニングでの金型の製作などなど

板金加工から、プレス加工も出来る職人になっていく

これが日新産業のスタンダードスタイルなんですよね。

 

 

加工した品物はお見せ出来ませんが

先日プレスで新規の抜き型を使うときに

抜きカスの受け皿を作る時間が無かったので

完全素人で入社3ヶ月程の新人のH君に丸投げする事に・・・

30分~1時間もしない内に

何という事でしょう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

自分で設計して、展開⇒レーザー⇒ブレーキ

※おしゃれなワンポイントマークも入って、ケガをしない様にしっかりRも取ってありますね

 

これが一人で出来る楽しさ!!

個人的には一貫製作の醍醐味です。

 

長々となってしまいましたが

4月27日~5月6日まではお休みさせて頂きますのでよろしくお願いします。

 

ではでは